ウォシャの点検

ウォシャ装置とそれに用いられる液は、車のウィンドウを洗浄して視界を確保するための大切な装置です。頻繁に使うものではありませんが、必要な時に使えないと不便で、時には危険も生じてしまいます。日常点検でしっかりと確認しておき、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

猫05点検方法は装置の状態・液の量を確認する事です。装置のチェックポイントは「目詰まり」と「角度」になります。詰まりがある時は細いピンを使ってノズルの汚れを掻き出すことで対処可能です。液の噴射角度が悪い時も、ピンを使って角度を調整できます。ノズルにピンを差し込んで動かして調整しましょう。

液の量が少なくなっていたら補充を行います。液は基本的に水で希釈して利用するものです。製品毎に希釈量が異なりますので、補充前に確認しておきましょう。

豆知識として、液は温度によって適した希釈量が異なります。特に寒気が厳しい地方の冬では原液のまま利用しなければ凍結の恐れもあるものです。シーズンを跨いで利用すると思わぬトラブルが発生する事もありますので気を付けましょう。

利用頻度が決して高い装置ではない事から軽視しがちな存在ですが、これが無ければ車のウィンドウが汚れた時に、いちいち停車して車外でフロントガラスを洗わなければいけません。

車の利便性を高める大切なものですから、しっかりと管理するのが賢明です。

Comments are closed.