日常的にできる点検項目

車が走行中に起きるトラブルの原因は様々ですが、その原因のほとんどは、日常的に簡単にできる「日常点検」を行えば回避することができます。

日常点検は、大きく3つに分けて行えます。1つ目はエンジンルームの点検です。ウィンドウォッシャー液、ブレーキ液、バッテリ液、冷却水、エンジンオイルを調べ、それぞれに適切な量があるか確認します。

2つ目はタイヤとランプの点検です。タイヤの空気圧、痛みや摩耗、ランプの点灯を調べて、タイヤの使用可否やランプの確実な点灯を確認します。3つ目は車内での確認です。ブレーキペダル、パーキングレバー、ウィンドウォッシャーとワイパー、エンジンの始動、加速の具合を調べて、各装置とエンジンがしっかりと稼働するかを確認します。

}PgžxQ日常点検とはいえ、これらを毎日必ず行うのは大変なことです。そこで、毎日行える効果的な3点チェックがあります。タイヤのへこみ具合が適度であるか、ランプの点灯はしっかり行われるか、エンジンの稼働はいつも通りスムーズかの3点を確認しておくだけでも、トラブルの原因は発見しやすくなります。

本格的な日常点検は1か月に1度というように定期的に行い、普段は3点チェックを行う。このように、両者を組み合わせると良いでしょう。

車は使い続ける内に、状態が変化していきます。多かれ少なかれ故障はつきものですから、肝心な時に故障して困ることがないように、原因は故障の前に突き止めて確実に修理をしましょう。

1か月に1度、1日に数分の日常点検を行うだけで、故障を予防すると同時に修理代を安く済ますことができます。”

Comments are closed.