タイヤと空気圧

自動車のタイヤは消耗品です。
常にメンテナンスが必要なパーツであると認識しておく必要があります。
また路面と唯一の接点となっていてとても重要なパーツでもあります。自動車が走る、曲がる、止まるための性能を発揮するためには常に良い状態で維持しておく必要があります。

まず空気が入っているのですが、空気は徐々に抜けていきます。そのため適切な空気圧であるか定期的に確認する必要があります。
例えばガソリンスタンドで給油する機会に空気を確認するのも方法です。

空気が少なくなると接地面が多くなって燃費にも影響があるのです。
車本来の性能を発揮するためにも空気圧を適切にしておく必要があります。走るという面では燃費にも影響しますし、曲がるということから空気が少ないとちゃんとグリップしなくなることにもなります。止まるということに関しても同様です。

そしてゴムでできていることからも摩耗して劣化もします。
摩耗してくるとこれも車本来の性能を発揮できないばかりか雨天の時などスリップしやすいといった危険も伴います。

このように定期的にメンテナンスを行うということと、磨耗して溝がなくなってきたり劣化してひび割れが生じている場合などは早めに交換します。

Comments are closed.